BLUE LETTER


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
Category: 未分類   Tags: ---

手紙

手紙 スタンダード版 [DVD]手紙 スタンダード版 [DVD]
(2007/04/27)
山田孝之 玉山鉄二

商品詳細を見る


東野圭吾原作の「手紙」の映画版を見ました。

犯罪者とその家族の苦悩と葛藤を描いた作品で、犯罪者の弟である主人公がどれだけ差別や偏見と闘わなければならないのか?という部分に焦点が当てられた内容です。

東野圭吾だからミステリーなのか?と思いきや、そうではないのがちょっと拍子抜けしましたが、最後まで一気に見せられてしまいました。主人公の心情が良く描かれていたと思います。

殺人者である主人公の兄は、お金に困って盗みに入った家で家主の女性に騒がれてしまい、もみあっているうちに女性を刺し殺してしまいます。故意にやったことではないけれども、強盗と殺人という重い罪を背負い、刑務所に入ることになります。

その殺人者の弟である山田孝之演じる武島直貴は、ひどい嫌がらせを受けて住むところも追われ、職場でも偏見や差別を受けて、夢だったお笑いの道をも閉ざされてしまいます。好きな女性の親からも交際を反対され、自暴自棄になっていたところに、沢尻エリカ扮する由美子が現れ、何かとお節介を焼かれているうちに二人は親密になっていきます。そして、兄と続けていた文通も辞めてしまったのですが、ある時由美子の家から兄の手紙を発見してしまい…

このデジタルな時代でアナログな「手紙」という題材をあえて取り上げているのは、相手が刑務所に入っているからという理由からなんですが、でも、そこに、この映画の良さがあるような気がします。
手紙って手間がかかる分だけ、心がこもっているものですから。
でも、この映画の中の手紙はちょっとばかりデジタルの恩恵を受けている部分もあったりして、、、そこがまた面白いところなんですが。

山田孝之はあんまり好きじゃないんですが(暗い感じがするし、自分勝手そうなイメージがあるから。あくまでもイメージだけですが)ドラマの「白夜行」にも出ていたし、東野圭吾の作品には嵌ってるのかも知れないですね。この映画ではその暗いイメージが良い風に出てる気がします。

で、あのお騒がせ女優で、現在は芸能活動を休止してるような沢尻エリカが由美子の役で出てまして、由美子のしゃべる関西弁がデタラメで気になるんですが、演技的にはなかなか良いものがあると思います。なぜか彼女のセリフには説得力がある気がします。

インタビューとかでものすごく態度が悪いそうですが、女優としては良いものを持っている人なんじゃないかな?と思います。もっともっと色んな作品に出れば良いのになぁとちょっと残念です。

犯罪者の兄役の玉山鉄二はとっても熱演でした。ラストシーンはぐっと来ました。

そして何より、ケーズデンキ(主人公の勤め先)の会長役の杉浦直樹さんが良いです。
役者って良い風に年齢を重ねれば重ねるほど、演技が重厚になっていきますよね。
まさしくこの作品の杉浦直樹さんは、そういう人でした。

そうそう、主人公と相方のお笑いのシーンはなかなか良かったです。
間がなかなかでした。役者さんがこういう風に漫才とかをすると、すんごくへったくそな場合が多いんですけど、山田くんと尾上くんの二人は良かったです。見直しました。
スポンサーサイト

テーマ 私が観た映画&DVD    ジャンル 映画



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。