BLUE LETTER


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15
Category: 未分類   Tags: ---

アポカリプト

アポカリプト [DVD]アポカリプト [DVD]
(2007/11/21)
ルディ・ヤングブラッド

商品詳細を見る


メル・ギブソン監督の「アポカリプト」を見ました。
ずいぶん前からちょっとずつ見てて、やっと見終わりました。

いや、しかし、痛い映画でした。
マヤ文明後期の中央アメリカを舞台に、奴隷にされそうになった青年が追っ手から逃げ、妻と子を守るというストーリー。

生け贄のシーンとか、生け贄から逃れても仲間がゲームのように殺されていくシーンとか、生と死が隣り合わせのような緊迫したシーンの連続で、ブツ切りでしか見れませんでした。心臓に悪い…。

メル・ギブソンという監督は、残酷なシーンでも包み隠さずそのまま描くのが好きなのでしょうね、きっと。作品はあまり見たことが無いんですが、巷のレビューから想像するに、きっとそうなのでしょう。

矢が刺さったり首を切られたり、ナイフで刺したり虎に襲われたりするシーンもありのままを描いております。狩りで殺された遺体が累々と転がるシーンなんて、もう、目に焼き付いて離れません。
ほぼ裸なスタイルの登場人物ばかりなので、斬られたり刺されたりが生々しすぎて大変です。

さて、主人公のジャガー・パウは生け贄寸前状態からひたすら逃げて敵を殺してまた逃げての繰り返しになります。裸足で森を駆け回り、自らワナや仕掛けを作って相手を倒していきます。
偶然も味方して妻子(新生児まで!)総てを助けることができるんですが、ラストではスペイン人の侵入場面が出て来て、結局、この親子の未来もどうなることやら・・・ということなんでしょうね。

生身の身体と身体の戦いを描きたかったのかな?それとも、こんなに絶望的な時にも最後まで諦めないということを教えたかったのかな?

ちょっと消化不良な感じですが・・・

スポンサーサイト

テーマ 私が観た映画&DVD    ジャンル 映画



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。