BLUE LETTER


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


05
Category: -   Tags: ---

さや侍

父から娘へ~さや侍の手紙~父から娘へ~さや侍の手紙~
(2011/07/06)
竹原ピストル

商品詳細を見る


色々と私生活であったので、久しぶりに映画を映画館で見ました。
きっとこの映画は私の人生の中でかなり記憶に残る映画となることでしょう。

松本人志監督第三作目ということで、1作目の「大日本人」は映画館で、「しんぼる」はケーブルテレビで見ましたが、このさや侍は一番分かりやすい内容でした。

あの、「働くおっさんシリーズ」の野見さんが主人公ということで、ただのお笑い映画なのかと思いきや、ラストでは見事に裏切られ、ショックをうけながらも爽やかさの残る良い作品でした。

父がラストで娘に衝撃を与える結末を迎えるのですが、この父は娘の望みを自分の人生をかけて叶えるんですよね。娘はきっと、誰かの受け売りというか、そういうものだというふうに教育をされてきたからこそ、父に向かってとある言葉を言い続けるのですが、父はそんな娘の言葉でとある決心をするのです。

それが、悲しくも潔い、父からの娘へのプレゼントというか、日本人の、いや侍の魂を娘に見せることになるのです。

その後、放心状態の娘に、お坊さんが読む父からのメッセージと歌がしびれます。(かなりネタバレだけど、いいかな?)

しかし、この野見さんを起用した松本監督は、素晴らしい決断をしたと思います。

野見さんが最初に画面に写りこんだ時、俳優さんじゃない、生身の人間がそこにいるというリアリティがハンパじゃなく、立ち姿の綺麗じゃなさが良かったです。微妙に姿勢が悪くて体が歪んでいるところとかがほんと、リアルでした。

そして衝撃のクライマックスシーン、今でも目にくっきりと浮かんでくる、素晴らしいシーンでした。

野見さんがまさしく野見勘十郎としてそこに居ました。

これはきっと、俳優の演技を超えたものだったような気がします。

2作目の「しんぼる」を見たときは、正直「うーん…」って感じだったんですが、今回の作品はホントに、松本人志ワールドが多くの人に理解できる形になったんじゃないかな?って気がします。

松本人志監督には、こういう形で映画を作り続けてほしいなぁなんて思います。
スポンサーサイト

テーマ 映画感想    ジャンル 映画



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。