FC2ブログ

BLUE LETTER


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


18
Category: -   Tags: ---

被取締役 新入社員

被取締役 新入社員 [DVD]被取締役 新入社員 [DVD]
(2008/09/24)
森山未來、陣内孝則 他

商品詳細を見る


さて、次はドラマの未來くんです。

さえなくてどんくさくて何をやってもダメな鈴木信夫(森山未來くん)が、大企業の入社試験をクリアして採用されるのだけど、彼が採用された理由は「彼が失敗をすることで周りの人間のストレスの発散対象となり、一致団結させ、営業成績を上げる」というもの。名前を「羽ケ口(はけぐち)信夫」と変えて、とある広告代理店の部署に配属されるのだけど・・・

こうやって書いてみても、ほんとになんでこんな内容のドラマを作ろうと思ったんだろう?くらい、ちょっと生理的にいやーな感じの内容になりそうで、実際に途中までは未來くんのダメ男っぷりが素晴らしくて(笑)、それに周りの人たちの彼に対するあたり方もきつくて、すっきりしませんでした。

で、羽ケ口がとあるきっかけで売れっ子ディレクターになって天狗になっていくところもさらに嫌な感じで(~_~;)、最終的には未來くんはやっぱりできない男っていうことになって、結局配属先を自主的に退職することになります。

結局最後まで救いようのない内容でした。途中で突然変異して羽ケ口が本当にできる男になったりしないのか?って期待したりしてたんだけど、現実は厳しかったです。

確かに、職場でこういう出来ない人がいると、周りの人たちがその人の話で盛り上がったり、一致団結するってのは有り得ますね。私が若い時に配属された職場にも、いかにも出来ない人がいて(たしか当時40歳オーバーぐらいのおっさんだった)事務職の子たちがその人の話で盛り上がってるのを間近で見てたし、その人の話題でみんなが意気投合するもんだから、事務職の子たちのイザコザなんてのも皆無だったし。大抵女の子が何人か集まったら、グループができて反発しあったりするもんですが、そいういう気配もなかった。

でもでも、だからと言って、そういう対象をわざと作るってのはどーかと。言いたいことはわかるけど、それはやっちゃいけない事のような気がするんですが。

で、結局、この作品って一体何が言いたかったのかな?と考えると、イマイチよくわかりません。

こういうことをやっちゃいけないよってことかな?

いやー、なかなか理解しずらい作品でした。

さて、未來くんですが、運動神経抜群で何をやってもうまくこなしそうな彼が、こんな冴えない男を演じるのは大丈夫かと心配だったんですが、やっぱり器用な彼のこと、まさしくどん臭い鈴木信夫でした(~_~;)

連続してミスをする場面があったりしますが、その一連のアクション的なことをするのも、意外と運動神経が要るんだろうなぁって反対に感心しました。

こういうのを本当に運動神経の悪い人がやってもはまらないんでしょうね。

あーでも、やっぱり未來くんにはこういうダメ男は演じて欲しくないですなぁ。

スポンサーサイト

テーマ テレビドラマ    ジャンル テレビ・ラジオ



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。