BLUE LETTER


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15
Category: -   Tags: ---

八日目の蝉

八日目の蝉 通常版 [DVD]八日目の蝉 通常版 [DVD]
(2011/10/28)
井上真央、永作博美 他

商品詳細を見る


檀れい主演のNHKドラマ版のほうを少し前に鑑賞済みだった上で、この映画版を見ました。

ドラマ版のほうでストーリーを知ってたので、映画版の端折り方でもよく理解できましたけど、ドラマ版を見てない人にも希和子と薫の逃避行の様子はよくわかったのかなぁ?ってのが少し疑問。

永作さんの希和子と檀れいさんの希和子、どちらも甲乙付けがたい熱演で、私はどっちも好きです。
ただ、映画版の永作さんにはちょっと不利だなぁって思ったのが、やっぱりドラマ版の希和子と薫の絆みたいなものが映画版だとちょっと薄かったようなところかなぁ。

薫(えりな)役は、私は井上真央さんのほうが好きです。っていうか、映画版は井上真央さんのほうに力を入れて描かれたせいかも知れないけど。

さて、内容のほうですが、希和子が不倫相手の妻が生んだ子供を誘拐して、4年間育てるというお話で、私も母親ですので自分だったらどうだろう?っていう目線で見てしまったのですが、0歳から4歳まで子供を育てるというのは生半可なことではなく、私にとっては子育てで一番辛かった(でも、嬉しさ、楽しさもそれを上回るほどありましたけど)時期でもあったので、それを愛情込めてやり遂げた希和子という人物に、犯罪者だから否定的な目で見るということはできません。

というか、血がつながって無い子供を我が子のように愛情込めて育てるという行為には敬意すら覚えます。
犯罪者を尊敬するってのも不思議な話ですが。

で、不倫相手の妻がどうしても悪い女みたいな風に見られてしまうんですが、それもよく考えるとかわいそうな気がします。

ドラマ版ではえりなには妹が居るので、この妻は子育てを経験できて救いがあるんですが、映画版ではえりなは一人っ子ということになっていて、そのたった一人の子供の一番可愛い時期を不倫相手に奪われてしまうというかなりの悲劇です。

でも、どーして、夫に不倫をされた場合、奥さんってのは不倫相手(女)を攻撃するんでしょーか?
どう見ても一番悪いのは二人を手玉に取ってるダンナで、責められるのはダンナのはずなのに、相手を精神的に追い詰めるほど嫌がらせをするってのは、女の特性なんでしょうか?

私だったら、絶対そんなことしない(たぶん^^;)と思います。

この映画でも、結局、奥さんが一番可哀想ですけど、同情もできないという複雑な気持ちです。
だって、希和子に対する嫌がらせはなかなかのもんでしょう。

女性が子供を産めなくなるという事実がどれほどのものか、同じ女性なら絶対に理解できるはずなのに、そこをネチネチと負け組女を足蹴にする勝ち組女のようにいじめちゃったら、あーいうことされても文句は言えない気もするし。

結局、奥さんは勝ち組だったはずなのに、結果的には一番の負け組になってしまった感が残るのがこのドラマの面白いところな気がします。

奥さんからしたら、可愛い娘のえりなの体は自分の元にあっても、えりなは薫として心は希和子の側にあるんですね。ふとした仕草が希和子そっくりだったりするのもなんだか切ないです。


で、犯罪者として世間では負け組となっている希和子は小さな薫との幸せな思い出を胸に、これからも生きていくのでしょう。心の中の宝物として。

ほんとに、子供が小さい頃一緒に過ごした思い出って、自分が経験したからこそ実感を持って言えるけど、何者にも代えがたい大切なものです。

だからこそ、この八日目の蝉のドラマが身にしみるんでしょうか。

またもう一度ドラマ版を見てみたくなりました。
スポンサーサイト

テーマ 私が観た映画&DVD    ジャンル 映画



 

Comments

Edit八日目の蝉
はじめまして
ドラマ版を見てませんでした
恵津子は恵理菜の下に子供を産んでたんですね
映画ではヒステリックに描かれてて、それでも私は実の子の
恵理菜の前で土下座をするシーンに涙があふれました
悲しい女性です
でも映画では、希和子の健気さや優しさが描かれてて
その分観客は犯罪者に感情移入してしまったのだと思います
私は冷たい人間なのでしょうか・・
写真館で、希和子が薫に「お母さん、もう何にもいらない」と
なくシーンでさえ、憎らしくなったほど・・・
それでも、ラストの恵理菜が泣きながら写真館を飛び出していくシーン
あれは幼い薫の走り方そのもの
そして、八日目の蝉である恵理菜のオリジナルのセリフで
希望の光をスクリーンから見ることができました
あの数秒で、私はこの映画が好きになったのです
心を閉ざした少女が、思いっきり解き放たれる瞬間が素晴らしかった
女優陣に拍手
EditRe: 八日目の蝉
はじめまして、コメントありがとうございます(久しぶり過ぎて、気がつかないところでした)

ドラマ版をご覧になっていないのですね。ネタバラシしちゃってすみません^^;

ドラマ版は私が思うに、思いっきり希和子よりの作りになってるので、私はドラマ版のほうで希和子にかなーり感情移入してしまいました。また、檀れいさんが上手いんだ~。

ぜひぜひ、機会があれば、ドラマ版もご覧になってください。とっても良いです。

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。